36年+α

Fashion

先日Twitterで見かけたこちら。

こちらのTweetを拝見して、先日購入したカレを思い出しました。

The story behind Placed on the horse’s chest and belly, the straps are used to maintain the blankets which are so appreciated during colder weather. The original design of this scarf created by Joachim Metz in 1985, has been revisited here. Without ever betraying the initial design, new plays of contrast and a simplified outline illuminate these carefully arranged riding accessories in a different way. Enhanced by a plain background, they wait patiently and gracefully for the rider or jockey to untie them.

1985年にJoachim Metzさんがデザインしたものを大切にしながら、今の時代に合わせシンプルにデザインされたものなんです。
時代に合わせて再デザインはエルメスのカレでは割とよくあることで、これってとても素敵なことですよね。
Tweetを拝見して、今回購入したカレのデザインの完成には36年+αがかかっていると思うと愛着が増しました。

 

Tweetにこういったリプがされており、うんうんと頷きました。

確かに人それぞれ自分が好きなものかつ違いを感じるものへお金を使っているんだろうな。
ファッションに興味がない方からしたら、私は浪費家のただのおバカ。涙
でもね今に始まったことではなくて小学生の頃から「ファッション通信」という番組をみたり、ELLEやSPUR等の雑誌を買ってもらっていた私。
ファッションが好きでショーや写真を見るのが好きだったんです。そういう世界が好きなんです。
「ファッション通信」なんて知っている友人がいるのだろうか?もし見ていた人がいるなら話したい。

話が逸れてしまいましたが、今後も背景や歴史も愛せる子たちを集めていきたいです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。