鬼宿

VANI'S NOTE

今まで見た占いの中で当たってるなと思ったのが宿曜占星術。私は鬼宿という分類。

—————————————————————————————————————-

鬼宿の歩む人生
◇悪戦苦闘の毎日も楽しい、豪快な人生
言いたいことがあったら我慢せずに、辛口で発言する鬼宿。
その場の思いつきだけで生きている一面があるので、人生は上がったり下がったり忙しく展開していきます。
傍で見ていると苦しそうに見えるのに、本人はいたって元気。
何も起こらない平坦な人生よりも、多少荒波のある愉快な人生の方が楽しめるタイプなのです。
突拍子もないコメントで周囲を巻き込みながら、大きく成長していける味わい深い人生を進んでいけます。
→はい、本当にそういう風に思ってます。笑

 

鬼宿の性格的特徴15個
■1. 冷めている
世の中がどんなに浮かれてお正月気分でも、すぐに流れに乗らないのが鬼宿の特徴です。
ブームはすぐに去っていくものと頭のどこかで理解しているので、安易に流行に飛び付くこともありません。
周りがキャッキャッと笑っているのに、仏頂面な態度をしていることもあるので「変な子…」と思われることもあります。
喜怒哀楽をあまりオープンに出さないので、実際の年齢よりも年上に見られます。
→はい、冷めてるよねと言われること多かったです。

■2. どんな時も辛口
周りに流されない冷静な目を持っているので、どこか斜に構えたような素ぶりがあります。
友達や家族に「この洋服どう?似合っている?」と試着室でアドバイスを求められた時「二の腕がきつそうだから、止めておいた方がいいよ」と辛らつな意見を発してしまうのも、鬼宿ならでは。
お世辞を言えない素直な性格なので、思ったことをありのままに発言してしまう危うい一面もあります。
良かれと思った発言で、人間関係にヒビが入りやすい損なタイプの人です。
→はい、思ったことをすぐに口に出しちゃいます。

■3. 面倒臭がり屋
汗水たらして一生懸命働くのが苦手で、その時の気分だけで生きていたいタイプ。
「動き出そう」と気持ちが固まるまでに時間がかかるため、出不精な人・ルーズな人と思われることもあります。
いったん動き出すと展開はとても速いものの、稼働するまでがスローモーションのように時間がかかるため、やらなければならない仕事がいつまで経っても終わらないケースがあります。
蟻とキリギリスの逸話なら、後者のキリギリス型です。
→はい、その時の気分と直感と運で生きてきました。仕事はやらないといけないので早く動いてましたよ。笑

■4. 仕草がかわいい
自由に生きているため、ふと魅せる仕草がとてもかわいい印象があります。
ロングの髪をさっとかき上げたり、無邪気に目をこすったり、頬を膨らましてみたり。
媚びている訳ではないのに、思わず見とれてしまう不思議な色気を持っています。
いつもは大人っぽいのに、あどけない表情も持ち合わせている鬼宿の人。
表と裏のギャップに惹かれて、思わず好きになってしまう異性も多くいます。
→うーん、そうだとよかったんですけどね。涙

■5. 陰の努力家
「お手入れ?何もしていないよ」と言いながら、家に帰ると美のお手入れは毎日欠かさない小さな努力家。
半身浴をして不純物を体の外へ追い出したり、オーガニック系の化粧水を使ってお肌のお手入れを勤しんでみたり、ダイエットに励んでスリムなボディを維持したり、メンテナンスにとても時間をかけています。
ボーとしているように見えて、自己プロデュース能力は高いストイックな人。
やる時はやる精神で、日々を懸命に生きているのです。
→美容系は疎いので何もしてないですが、何事もやる時はやる、やれば出来ると思って生きています。

■6. 陰口を言わない
本人を目の前にして、周囲を凍り付かせるひと言をうっかり発してしまうのが鬼宿の性格です。
辛口コメンテーターの異名を持つものの「陰口は決してたたかない」という真っすぐな性質も持っています。
当人がいない所で悪口や文句を言うのは、武士のルールに反していると信じているため、誰かの噂話に夢中になっているグループとは一線を置きたがる真面目な所もあります。
悪そうに見えて、本当はとても優しい人情家です。
→いや、たまに言いますけどね。それにしても武士のルールって…私って武士なの?笑

■7. 何とかなると思える
ケセラセラの精神が根付いていて、多少嫌なことがあっても「なるようになるさ」と思えるのが鬼宿です。
物事の悪い面を見ないようにして、良い面だけを見て生きていけるので、頭を抱え込むほど悩んだり、どん底まで落ち込んだりする事がありません。
たとえ雨が降り続いて外に出歩けない日が続いても、編み物やクッキー作りなど、家の中だけしか出来ない仕事を見つけるのがとても上手な人。自分の色で、人生を謳歌できる人です。
→この外出制限生活で、そういう自分が浮き彫りになりました。楽しく快適に家で過ごす方法ばかり考えてます。

■8. 灰色は無い
白か黒かはっきり付けたがる性格で、中間の灰色は見ないようにしています。
長引く問題があったらそのまま放置しておかないで、てっとり早く処分したがる性格です。
「そういえば…」と気持ちをモヤモヤさせる事件が少ないので、気持ちはいつでも初夏の陽気のように爽やか。
下らない問題に心をかき乱される事が無いので、晴れやかな心持ちでいられます。
あらゆる物の断捨離が得意な、キレイ好きさんです。
→はい、白か黒しかないです。でもグレーがあるのも理解はしています。
お買い物でいうと、好きか嫌いかはっきりしているので1ミリでもイメージと違ったり好みじゃなければ安くても絶対に買わないです。

■9. 定時に帰る
職場でもアルバイト先でも、いつでも自分のペースで仕事が出来るのが鬼宿です。
上司や先輩が残業しそうでも、定刻になったら「お先に失礼します」と席を立つことが出来るきっぱり型。
こんな事をしたら先輩に目を付けられてしまう、早帰りしたら会社で気まずくなる…という後ろめたい気持ちが無いので、割り切って仕事に集中できます。
オンとオフの区切りが上手い、海外ワーカー流の働き方を実践できるのが鬼宿なのです。
→はい、そうしてました。

■10. リセット上手
終わってしまった出来事を、クヨクヨ悩まないのが鬼宿です。
「ああすれば良かった」と後になって後悔する事がないので、いつでも自分の決めた選択肢を堂々と歩むことができます。
過去と現在にきっぱり区切りを付けられるのは、生き方上手だから。
今与えられた道を目いっぱい楽しむ事だけが、自分に出来ることだと知っているのです。
気持ちの切り替えがとても上手いので、嫌な出来事があってもひと晩寝たら、さっと忘れられます。
→はい、意識的にそう考えて行動するようにしています。
悩んでも答えが出ないし変えられないものならもう考えないようにしています。

■11. 一方的に話す
会話が一方通行になりやすく受けたり返したり、話のキャッチボールが苦手な鬼宿。
自分の主張に絶対的な自信があるので、相手の発言は無視してしまい、自分の事ばかり話してしまいます。
双方が満足できる流れにならないので、相手には心のモヤモヤが残る残念な結果に。
「もっと人と深く付き合いたい」と思うのなら、一方的に話す時間を控えて「相手の話をじっくり聞く時間」を増やすと良いかもしれません。
→はい、気をつけます。笑

■12. 人に頼れない
かわいいのに他人に頼るのが苦手、少々もったいない性質を持っているのが鬼宿です。人に任せるのなら、自分がやった方が手っ取り早いと思っているので、誰かに相談する前に何でも終わらせてしまいます。 他人の力を利用した方が楽できる時もプライドが邪魔し、1人で沢山の仕事を抱え込んでしまう事もあります。器用な性質ゆえに、1人で何もかもやっつけようとする人。それが鬼宿の宿命です。
→はい、思い当たることが多々あります。

■13. 地図を読むのが得意
マップや図を瞬間的に理解するのが得意で、グーグルマップを一度見ただけで、おおよその方向が分かります。
初めて出かけた旅先で迷子になることは少なく、現地の人しか知らないような細い路地をスイスイ車で走ることもできます。
色々な人とお喋りができる女脳ではなく「物事を論理的に判断できる男脳」の方が優れているのが鬼宿の特徴です。
機械的に物事を考えられるので、短い時間で効率よくゴールに辿り着けます。
→はい、割と得意な方だと思います。もちろん全然違うところに行ってしまうこともあるけどね。

■14. 電話しながら家事ができない
何か作業するとき、2つの事を同時並行できないのが鬼宿の特徴です。
スマホで話しながら料理を作ったり、テレビを観ながら編み物をしたりするのは苦手。
作業する時には出来るだけ神経を研ぎ澄ませたいので、一度に2つの作業をするのは非効率的だと考えてしまうのです。
大らかそうに見えて神経質な一面もあるので、集中したい時に周りがザワついていると気になってイライラする事もあります。
→はい、電話しながら落書きしか出来ません。

■15. バックパッカー向き
「仕事に疲れたな」と思ったら、ボストンバッグに荷物を詰めて、さっと海外へ
背負うものが少ないので、着の身着のままふらっと海外へ旅立つことが出来ます。
英語やフランス語など語学がとても堪能なので、旅先でコミュニケーションに困ることもありません。
屋台で美味しいラーメンを食べたり、白い砂浜を思いっきり駆けまわったり自己流の旅を楽しめます。
→はい、旅行大好きです。息子が小学生くらいになったら、一人で海外旅行したいと思ってる。
 アラフォーの私が全力で白い砂浜走ってたら通報されませんかね?それだけ心配。笑

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。