子供の感性

My R

Kids21で、絵が可愛くて私が欲しくなって購入した絵本。

この本を息子に読んでいる時のこと。

バニバニ「(いちごを指差して)これは何色かな?」
息子「いちご色だよ。」
バニバニ「(りんごを指差して)じゃあこれはどう?」
息子「りんご色!」

他のページでも同じようなやり取りがあり、確かにと思ってしまいました。

これはクレヨンのお話だからしょうがないけど、赤と言ってもひとつではなく実際は色んな色があるもんなぁと。
いちごとりんごの赤は同じじゃない。だから息子の言ういちご色、りんご色が正しいなと。
こういう子供の感性を大事にしていかないといけないなぁ。そう大人の私が考えさせられました。
息子は黄色を見ると「バナナ色」と言います。前は黄色だよと訂正していたけどやめました。
それが正解なのかは分からないけど、私は今の息子の感性を尊重していこうと思います。

もしかしたら今後、幼稚園でお友達に違うよ黄色だよとか言われて少し傷つくことがあるかもしれないけど…ね。

本屋さんでちょうどいいカラーチャートの本があれば購入して、色の大枠の概念を教えよう。
そうすれば感性は残し、感性と知識のギャップを埋めていけるかな?

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。