大晦日に号泣

My R

大晦日のたしか夕方17時くらい。突然息子が寝室に走り込んで大号泣。
びっくりするくらい泣くので、私と夫は息子が転んで頭でも打って泣いているのかと思ったらそれは違うと言う。
じゃあどうしたの?と聞くと、「ドラ…えもん…がっ」と泣きながら教えてくれた。


テレビでドラえもんが放送されており、夫曰くドラえもんがいなくなる話だったと。
ドラえもんがいなくなって悲しかったの?寂しかったの?と聞くと、泣きながら頷いた息子。
のび太に感情移入したのかな?そういう感情が分かるようになったなんて、Rくん(4歳)成長したんだね。
そんな息子を抱っこしながら、優しい子だなぁとウルウルしちゃった私。
ずっとこのまま感受性豊かで優しい子でいてほしいな、なんて思っちゃった。
結局20分くらい泣いてぐずぐずしていた息子です。

息子が落ち着いた後にストーリーを確認すると、最後はドラえもんが戻ってくる…?
あれ?息子は最後まで見ずに悲しくなっちゃったのね。笑
とても感動するお話だったようで、私も息子と一緒に見ていればよかったと悔やまれる。
っていう大晦日の夕方でした。

 

年越しそばは夫は海老天そば、私は玉子とじそば、息子はかけそばでした。
食器が揃っておらず使い捨て容器のため、炊き出し感出ていますが。

新居は照明(間接照明含む)が柔らかい色で、落ち着くほっこりする空間♡

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。