働くことで世界が広がった

Daily Life

私自身ずっと興味があった分野に仕事で携わることになりました。
本当に本当にラッキー!

いつかやろうと思っていたことを、この仕事のおかげで今すぐやることを迫られた感じ。ありがたいわー。
自分が勉強したかったことを、お仕事としてやらせていただけるだなんて。
お仕事でも私生活でも、私の人生はいつもこうやって誰かに引き上げてもらってきた気がする。
実現可能がどうかはさておき、やってみたいことは言葉にして周囲に伝えてきた。(自分の逃げ場をなくす意味もあって)
そして何か新しいことに飛び込む時は必ず誰かに助けられてきたなぁとしみじみ。
とにかく運が良くて、人に恵まれた人生なのは間違いない。

今の会社のスタッフには駐在妻はほんの少ししかおらず、ほとんどが20代独身の方たち。
働かずに駐在妻をしていたら、生活時間帯も違って出会えなかったしお付き合いもなかったはず。
私より10歳年下とかだけど皆さん賢くて行動力があって、魅力的な方達ばかり♡
パートタイムの仕事だけど、私の世界を想像以上に広げてくれて働くことを選んでよかったと思う。

 

新しいことに挑戦するのに年齢は関係なく、何事も遅すぎることは無いと実証したい。
私の人生なんて別に大したものでは無いけど、一例として息子に話してあげられるものを今後も増やしたいな。
出来ないことがあるとすれば、やるべきことをやっていないか最初から出来ないと自分で勝手に諦めていることがほとんど。
「今日やらないことは明日もやらない。3年後も5年後も、そしてきっと一生やらない。」
昔どこかでこの言葉を聞いて、いつも頭の片隅に置いています。駐在帯同で時間があり30代後半になった今、特にこの言葉を意識して動くようになりました。
出来ない理由を探すとか言い訳せずに、何を解決すればそれが可能になるのかを考えてとにかくやってみる姿勢でいきたいと思う。

 

結婚する前だし子供を持つずっと前に、この鮭子さんの マミーの背中を見ろ!を読んだことが心に残っています。
私も今までできていなかった小さなことから変えていこうって思う。
いつか自信を持ってマミーの背中を見ろ!と言えるようになりたいです。
同時にたくさん失敗をして、反面教師になるようなネタもたくさん蓄えておきたいと思います。笑
いっぱい失敗して転んで怪我しても幸せに生きていけるよ、後悔はしないようにねって話せるといいな。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。