依存先を複数持つ

VANI'S NOTE

以前から言っているけどInstagramをやめて、Twitterを見るようになってとても勉強になっている。
昔から読書が好きで言葉が好きなこともあるのかな。限られた文字数で簡潔でスッと頭に入ってきます。
Instagramは写真メインだけど、Twitterは思想や本音が書かれているところも好き。
最近の義両親を見て感じたことと、似たような内容があったのでメモとしてブログに残します。

義両親は70代の今もふたりでディズニーに行ったり、旅行をしたり本当に仲のいいご夫婦。
義父は真面目でしっかり者。義母はずっと専業主婦でお料理上手でとっても可愛らしい方です。
今回義父が入院してしまい、契約関係の書類の場所など何ひとつ分からず落ち込んでいた義母。
義父に任せっきりで頼りっきりだったことを痛感したようです。

 

Twitterで書かれていたことの要約
メンタルが強いと言われる人は依存先を一つに絞らずに複数持って分散させている。 もし依存先が一つの場合、その一つとの関係性が崩壊した瞬間にメンタルが崩壊してしまう。

義母は依存先が夫である義父しかないから、とっても不安定になっている。
駐在妻さんでも不安定な方っていたんだけど、そういう方も依存先が一つだったなぁと思ったり。
もし依存先が自分の子供だけとなるとちょっと怖いよね。子供に対するプレッシャーが凄そうというか。

 

私は周囲からメンタル強いねとか、ポジティブだねと言われます。
今回Twitterを拝見して、そうか仕事、趣味、家族、友人など私には依存先が複数あるおかげなのかと。
どれかが上手くいっていなくても気持ちが切り替えられ、自分でコントロール出来ないものには執着しない性格になったのは。
駐在帯同で最初は働いていなかった私。つまらないなーと思いながらも落ち込むことはほとんど無くてメンタルは安定していた。
それは友人や趣味や勉強があってそれなりに忙しくしていたから。
依存先を複数持つ=選択肢を複数持つことになって、心の余裕にも繋がるよね。

分散先である仕事ですが、私が働きたい&仕事を続けたいのは完全に自分のため。
自分が欲しいものは自分で買いたいし、家事とか面倒なことはお金で解決して私のストレスを減らしたいから♡
駐在先が帯同ビザで働けない国だったら自分でビザを取得して働く道を探したと思う。(辞退しましたが、実は転職活動をしてシンガポールでフルタイムEPでの内定もいただいていたのです)
もし夫が会社行きたくないとなったら、私が家族を養って息子を大学に進学させるくらいは稼げるから仕事は辞めてゆっくりしてと言える。
もし夫が起業したいと言ってきたら、生活できるくらいは私稼ぐから一度きりの人生だしやってみなよーと応援する。
何かをやりたいと思った時に、私や息子を言い訳に諦めたりしないで欲しい。
そういう心の余裕を持てるように仕事をして、家庭以外の私の世界をしっかり確保しておきたいと思う性格みたい。

 

息子にも依存先を沢山持って欲しい、好きなことを沢山見つけて欲しい。
私自身がそうだけど、極めるほどの趣味ではなくかじる程度というか軽い趣味程度の依存先でいいと思う。
たまに壁にぶち当たりながらも、楽しいな面白いなとポジティブな感情を積み重ねていけるようなものが。
そのために色んな場所へ行き、色んな体験と経験をして欲しいと改めて思いました。
コロナじゃなければ、もっと色々と連れて行きたいのに!今、スキー行きたいのに!(感染者数増加だし、スキー無理だな😭)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。