ほどほどがいいね

VANI'S NOTE

週末は朝イチ(8:30-)動物園が定番になりつつある我が家。
水族館にも行きたい!とのことで久しぶりに水族館へ。
いつの間にか水の生き物にも詳しくなってたんだなぁと感心しました。

Twitterに登録はしているものの私自身は発信をしたことがなく見る専門。
そんな中、フォローしている方がリツイートして辻仁成さんのアカウントが出てきました。
たまに思い出した時にブログを拝見しています。今回のTwitterにも癒されました。

うんうん、何事もほどほどがいいですよね。肝に銘じます。

 

 

先日拝見したこちらもうんうんと頷きました。

勉強が役に立っていないのではなく使いこなせていないだけ…仰る通りですね。

 

こちらもそうだよなぁと思いながら拝見しました。

学校に期待することは勉強というより、子供の人格形成とそこで時間を共にする友人たち。
子供の限られた世界で知り合う友人たちは貴重な存在で、人生に大きく影響すると思う。
例えば私の学校では大学に行くのが当たり前だから受験勉強をして大学進学。それ以外選択肢はなかった。
もしそういう学校でなければ勉強ではなく、高校卒業後に就職という道だったのかもしれない。
よっぽどの信念がない限りある程度は周囲の環境に流されて人生が進んでしまう。
結局は子供の人生なんだけど、ある程度の選択肢をもてる状態に導きたいと思うのが親心。
いいと思って入学しても合わないこともあると聞くし、学校選びって難しいよね。
リスクマネジメントの意味で、親として常に幾つかの選択肢を考えておかねばと感じます。

ま、でもあまり考えすぎず柔軟にほどほどにね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。